520watchmcll 最も美しいスーパーコピー,ブランド時計コピー激安通販専門店!

世界のブランド時計を経営します、売り出すのは本物商品の同じスーパーコピーブランドが品をするのに相当します。

ブランドから商品を探す
 

 

弊店はネット通販にの商品が国内最高級スーパーコピーブランドで、しかも一番大きいブランドコピー通販サイトショップと言っても過言てはございません。商品種類もいろいろし、品質も良いし、それに価格も安いです。お客様感謝の気持ちを表わすために、毎月セール活動がございます。その時、弊店の商品がいっぱい揃えてお客様存分に選らんでください。
メールアドレス
watchmcll@yahoo.co.jp
受付時間09:00~23:00

 

トップページ > ウォッチQ&A


このコーナーでは、皆様の機能に対する疑問やメンテナンス方法の疑問など、インポートウォッチに関する素朴な質問から難問まで、「ブランドウォッチ・ジュビリー」がアドバイスさせていただきます。

 

付属品(純正BOX・国際保証書など)は付いているの?

並行輸入と申しましても、新品のモデルに関しましては、海外正規販売店からの仕入れ品ですので、もちろんBOX、ギャランティーカード(国際保証書)などの付属品も完備しております。ただし、まれに輸入の際や、海外での陳列の際に付属品に多少の傷みやヤケが見受けられる場合がございます。ご了承のほどお願いいたします。また、ごく一部、流通の段階で付属品が欠品してしまった場合は、アウトレット品扱いとして各商品の説明文に「付属品欠品のための特価設定」の旨を記載いたしております。

なお、中古のモデルに関しましては、各商品に【付属品の詳細】を記載させていただいております。

 

皮バンド・ブレスレットの取り寄せはできるの?

可能です。しかしながら、ブランド純正の外装部品については並行輸入では出回っておりませんので、当店でも日本代理店に発注する事となり、部品代金(定価)+送料(当店⇔お客様との往復送料+当店⇔代理店への往復送料)をご負担いただくことになります。またブランドによっては商品自体も代理店に送らなければならない場合がございます。お近くの百貨店などの正規店でご注文して頂くほうがお安くなります。

 

機械式時計って何ですか?

機械式時計とは巻かれたゼンマイの反発力を利用して駆動させている時計です。複雑さはぜんぜん違いますがオルゴールと同じような感覚です。ゼンマイを巻く方法として、「手巻き式」と「自動巻き式」があります。

一般的な機械式時計はゼンマイが一杯巻かれている状態から40時間ほど動きます。

 

 手巻き式と自動巻きの違いは?

「手巻き式」とはリューズを手で回すことによってゼンマイを巻き上げ、時計を駆動させる動力を確保する方式です。「自動巻き式」とは、時計内部に搭載されたローター(回転式の振り子のようなもの)によって腕の運動を利用してゼンマイを巻き上げる方式です。なお、「自動巻き式」でも、基本的に手で巻き上げることもできるよう設計されています。

 

オーバーホールって何ですか?

オーバーホールという工程は時計の機械を分解し、ばらした各部品を点検、洗浄し、消耗している部品は交換します。そしてまた各部品を組み立てて必要カ所に油を塗布し、時間の調整を行い時計のケースに戻します。オーバーホールは2~4年ごとに行うのが理想です(実際は当店でお買い上げの方でも持って来られる方は少数ですが)。日本ロレックスでは基本料金で 45,000円 程かかりますが、当店でお買い求めになったロレックスの工賃は当店提携の修理工房にて 25,000円(税抜)でさせて頂いております。(三針時計の場合の基本料金・新品仕上げ含まず)

 

サファイアガラスは頑丈?

サファイアは頑丈な物質で、それを傷つけられる物質はサファイア自身と同じ硬度のルビーとそれ以上に硬いエメラルドとダイアモンドだけです。しかしサファイアの性質上落としたりぶつけたりというような、ある方向からの衝撃により欠けたり、割れてしまう可能性があります。

 

防水時計は泳いでも大丈夫?

防水時計といえども泳いでも大丈夫な範囲はその時計に最低でも100m(できれば300m)以上の防水が保証されている必要があります。それ以内の防水時計は軽く水に濡れてもいい程度で、水道水を勢いよく(特にリューズ周りに)かけると水が浸入する可能性があります。また、100m以上の防水時計でも飛び込みや勢いのよい泳ぎ方をするとそれ以上の水圧が時計にかかってしまい水が浸入する恐れも充分考えられます。あと、これが大事なことですが防水は新品の状態でのスペックです。ご使用して頂いている間にパッキン(水が浸入しないようせき止めているゴム状のパーツ)が劣化していきます。しっかりした防水時計でも、実際にダイビング等で使用する場合は定期的なメンテナンスが必要です。またパッキンはゴム状のためお湯に長時間つけているとひからびてくる可能性も考えられます。お風呂等のお湯に長時間つかる所では使用しないで頂くようお願いいたします。

 

時計が汚れたときはどうすればいいですか?

基本的に防水時計であれば水につけても大丈夫なのですが、万一を考え日常生活防水程度の時計はブレスレットのみを洗うようにしてください。ダイバー時計であってもリューズが緩んでいたり、水圧をかけすぎたりすると水が入る恐れもあります。各防水性に関しては前出の【Q.防水時計は泳いでも大丈夫?】を見ていただければ詳しく紹介していますのでよくお読みください。洗い方は、まずリューズがしっかりしまっていることをご確認ください。 洗剤はハンドソープを使い、使い古しの歯ブラシ(柔らかいブラシ)等で隙間の目に添うように洗っていただければきれいになります。水道水は細くながす程度で行ってください。ただし、金やプラチナ等はステンレスより柔らかい物質なのでキズが大変つきやすいので特に気をつけていただかないと無数のキズがついてしまいます。また、以上はお使いの時計の諸条件により変わってきます。自己責任で行うようお願いいたします。

 

スポーツモデルはスポーツに適している?

スポーツモデルはいろいろ有りますが、ダイバーモデルと時間を計測するクロノグラフが代表例です。ダイバー時計はダイビングをしても大丈夫です。しかしながらダイバーとウォータースポーツでは時計にかかる負担は違います。例えばダイビングは水に入るとその圧力と抵抗が人間にもかかるため、地上のような動きができません。時計には、実際に潜っている以上の水圧があまりかかりません。動きも激しく動けない分、時計に負担は想像以上にかかりません。が、激しく泳いだり飛び込むようなことをすると時計には異常なほどの水圧がかかります。また、水面に叩き付けられるという衝撃も加わります。水が浸入する可能性もあれば衝撃による故障も充分考えられます。(どちらかというと衝撃による故障の方が可能性は高いと思われます)クロノグラフの件ですが、モータースポーツ等の【計測】を前提に作られています。特に衝撃に強く作られているモデルでは有りません。激しい運動では外して頂くのが賢明かと思われます。バットを全力でスイングすると床に落とすくらいの衝撃がかかるといわれています。また、ブランドによりスポーツモデルでも日常生活防水程度の時計も存在します。スポーツモデル=ハードな使用に耐えうる時計ではありません。

 

お支払方法には【銀行振込】がございます。当店特別価格(税込)+お振込手数料 (全国一律 送料無料 です)
全国一律 送料・代引き手数料 無料

お届け時間指定については、5つの時間帯からご指定下さい。

 
当店でお買上げの商品はご希望に応じてサイズ調整後(無料)に発送をさせていただきます。
当社保証規定に基づき、新品ロレックスは5年間、その他のブランド新品時計につきましては2年間、部分時計は1年間の保証期間が適用されます。
お客様のイメージと異なる場合などは未使用品に限り 【当店発送日から8日以内】は、返品・交換を承ります。
このコーナーでは、皆様の機能に対する疑問やメンテナンス方法の疑問など、インポートウォッチに関する素朴な質問から難問まで、「ブランドウォッチ・ジュビリー」がアドバイスさせていただきます。
営業時間 11:00~20:00 (年末年始以外 年中無休)
メールアドレス:watchmcll@yahoo.co.jp